じったの日記帳

旅テニスアニメゲーム下ネタ読書アウトドアとか色々。言語化しないと当時の思考が不鮮明なるのでブログを書いてます

日本一周して改めて思った事とメリットとデメリット

f:id:kazittakun:20201025140241j:image

グーグルフォトを見返して気が付いたら日本一周してから一年以上経っていたんだなって感じ...

 

これまでにも日本一周に関しての記事は書いてたが、まだブログ始めた初期でうまく文章も書けてなかったので、改めてここに自分の経験をもとに日本一周の面白さとメリット、デメリットについて解説してみようと思う

 

目次

  • 日本一周にかかわらず旅するなら若い時がいい理由
  • 日本一周をおすすめしない理由
  • とりあえず興味あったらやってみよう

 

 

 

日本一周にかかわらず旅するなら若い時がいい理由

それがマイノリティに溢れ、人力での旅だったり物珍しい旅のスタイルであればあるほどだ

なぜなら長期間旅するための体力が必要だったり、人の出会いや助けをもらったりしやすいのは若い人のほうが多いからだ

ある旅路でライダーのおっちゃんに「旅は君みたいに若いうちにしたほうがいいよ、なぜなら年取っちゃうと旅で困ったときにたすけてもらいずらいからね」

と言われたことがあったが、実際に「人との出会いや助け」は一期一会で、自分にとってその旅を印象深く、思い出深いものにしてくれた

 

ちなみに自分はその時19で自転車とバイク合わせて47都道府県を回ったが、人がやさしくしてくれたり、話しかけてくれることが多かったほうは圧倒的に自転車で旅した時だった。

バイクで旅した時は話しかけられることはあったが、自転車に比べるとそこまで多くなかった印象。

おそらくそれは公道の乗り物でヘルメットで顔が見えず、なおかつスピードも速いので、どうしても人と話す場面が少なくなってしまったからだろうし、バイクで旅をしている人は一定数いるからそこまで珍しくはないからだ

 

対して自転車で長距離を旅している人は少ない。速度も遅く顔も見える

体力的にも結構きつく、自転車に積んだ多くの荷物も物珍しく、休憩している若い人だったら他人に警戒心を抱かれることはおそらく少なく、話しかけるという事がしやすいだろう。

だって自分だって物珍しそうな旅をしている人を見かけたら話しかけてしまうのだから。

 

そういった優しい人との出会いが多い旅は印象に残りやすく、日本人のやさしさというか温かさを感じ、自分の中で大きな経験とともに財産になった

旅先で出会った大学生に居酒屋で全おごりしてもらってお互いに酒を飲んで深い話とかをした時や、ライダーハウスで午前二時まで話し合ったことなど、純粋に楽しかったし、それらを通じてコミュ障な自分が人との一期一会の出会いは面白いと思えるようになった気がする

 

そして若ければ若いほど旅を通じた経験が新鮮で楽しく思えると思う

 

 

 

日本一周をおすすめしない理由

さっきまでのは何だったんだと思うかもしれないが

ぶっちゃけこれに関してはyoutuberのトーマスガジェマガ様のこの動画を見てもらった方が早いだろう


日本一周をおすすめしない理由【日本半周した感想と楽しむコツ】

 

この理由はこの動画にすべて詰まっているが...

みなさんは日本一周に抱くイメージはどんなものだろうか、

自由、ロマン、楽しい、夢、など各自いろいろあるだろう

 しかし残念ながらこの動画の内容は事実で日本一周に自由や楽しさを求めているならばそれは間違えである

 

そう、とにかく辛い

どんな移動手段だとしても必ず移動するための時間が発生する

個人的感覚だと観光1割に対して移動は9割なのだ。で、この移動があまりにも辛い

日本は山が7割だ。この日本の大自然を楽しめるのは旅に出てから数日で、それ以降は絶景に飽きてしまう。そして自然の中での移動は大変だ、車やバイクでは運転に集中力を使うし、自転車だと坂道と狭い道路で疲労はたまるし、もし事故とかしたりトラブルがあったら解決に時間がかかってしまう。

それにここまで長い距離を走ってきたから今更後戻りできない。結局辛い。

 

それと死ぬほど忙しい。

秘書を雇いたいとはこのこと。これは人それぞれのペースによるが、自分は他の人に比べると休みの期間が短かったので、どうしても予定を詰め込んで旅をする必要があった。

多くの移動時間、観光する時間、飯を食べる時間、宿に向かう時間、疲れた中でそこから明日の予定を計画する時間、そして体力を回復する時間

これを毎日するとなると気が遠くなる

安いお金で旅をしようとなるとどうしてもそれらの質が低くなってしまい、その結果疲労は完全に回復せずに旅をすることになり、長期的に旅に影響が出る。

対策としては自分の場合、休息日を設けるとか、たまにはいいホテルで休んだりうまいものを食べたりとか各自工夫が必要である

 

でもその大自然や大変だったことが旅が終わったら思い出となって美化されちゃうんだよね( ^ω^)・・・

 

そんな苦労が嫌ならばありきたりに都市間を移動するように飛行機や新幹線や特急で移動しながら日本一周がいいだろう。

青春18きっぷでの電車の旅もお勧めできる。ちなみに自分はやったことがないので青春18きっぷでの旅もぜひしてみたいところである

 

旅は非日常だが、毎日続けるとそれが日常になってしまう

 日本における長期的に旅を続ける一番の問題点だ、海外旅行ならばまず言葉が通じないし、すべての体験が良い経験値になるだろう。

しかし日本は言葉が通じる。これは旅における圧倒的なアドバンテージだ。つまり日本での旅は慣れるのが早い、個人的に20日から30日を過ぎると旅に慣れて、それが日常になってしまう感じがする

そしてその状態で家に帰ると家で暮らすことが非日常になるというもはや意味が分からない状態になる

そこらへんは人によって違うだろうが、自分が感じるに大変でありながらも新鮮で、非日常な旅をしたいなら1か月が限度であり、普段の生活と旅にメリハリを持たせるのがおすすめ

日本での長期的な旅に非日常を求めるのはやめましょう

 

それと上記のガジェマガ様が言う通り日本一周のほとんどは移動なので、日本一周が目的になってしまったら意味がない。旅を通じて何を得ようとするか決めておいたほうがいいだろう

実際に自分も日本一周する理由を決めておいて旅をした。例えば自分の場合は

  • その地域の人と話してみる
  • その土地の名物を食べる
  • 有名な観光地を歩いて雰囲気を知る

ありきたりだがこんな物でもいいのだ

振り返ってみるとこの自分の目標はほとんどは達成できたかなとは思う

 旅に目標を設定しておけば心が折れそうになったときに支えになってくれるのでアドベンチャーな旅ほど旅の理由付けや目標の設定はする価値があるだろう(もちろん無理は禁物)

 

このように長期的になればなるほどアドベンチャーな旅ほど自由やロマンからかけ離れた泥臭い日常になるので、少しくらいの覚悟は必要である

 

 

 

とりあえず興味あったらやってみよう

この一言に尽きる

自分が日本一周に至るまで旅をすることができたのはそんな非日常や景色や出会いが面白かったからであり、旅を始めた理由もそんなちょっとした興味だったり、ちょっとした承認欲求だったりと様々な要素が歯車のようにかみ合った結果だ。

 

次に旅の手段について解説しようと思う

やはり万人にお勧めできるのは公共交通機関

青春18きっぷLCCを組み合わせれば移動費は10万円以内で日本縦断くらいはでき、疲労も一番少なく余裕をもって非日常を体験でき、食事や宿も充実できればなお良し。旅に達成感や苦労はいらない人はこれが一番お勧めできる

この手段は旅というより旅行に近いかもしれない

 

次に車

これは個人的に一番のおすすめ。何より車中泊できたりバイクや自転車のように天候に左右されないのが大きい

荷物の積載にも苦労せずキャンプ場も使えば格安で旅できる。2人ぐらいまでなら丁度良く旅を楽しめそう

 

バイク

車の良いところと自転車に良いところ足して割る2した感じ。風を切って自然を感じやすいのが一番のメリット、天候に左右され、荷物の積載に苦労する。免許取得やバイク代諸々が一番のデメリット。そして危ない

排気量は少なくとも125cc以上で挑みましょう。50ccだともれなく死にます

 

自転車

旅に達成感を感じたいなら一番お勧めできる。何より人力でスピードが丁度いい

自転車に関しての知識、ルート作成、体力の管理、最小限の荷物など要求されるハードルが一気に高くなる

機材はクロスバイクが一番おすすめ、まぁちなみに自分はママチャリで日本縦断しましたけどね(聞いてない)

 

ヒッチハイク

これは友達がやっていて面白そうだった。強制的に出会いが作られるし、移動費に関しては一番費用が掛からない、そして徒歩にバックパッカースタイルなので人力でなおかつ一番旅っぽい旅ができるだろう。おそらく達成感もすごい。

 

徒歩

実際に旅の途中で徒歩で旅している人に出会った。これに関してはあまりにも化け物すぎる。体の構造が違いすぎる、一日40キロ程が限界だそうだが、この距離だったら町から次の町までたどり着けない。これに関してはマジで意味不明

 

...と旅をするならこの6種類か、それに近しいものになるだろう

 その人に合わせて好きなスタイルを選ぶべし。

 

わざわざ47都道府県すべてを回る必要はない

そこまでしなくても日本の魅力は十分に知ることができる

もちろん自分のように自転車だったりバイクでお金をかけて苦労して旅する必要なんてさらさらないわけだ

その人のスタイルに合わせて移動費、宿代や食費を含めたらもちろんなかなか費用は掛かってしまうが、それを超える魅力や経験が日本一周にかかわらず旅にあると思っている

自分の目で、頭で、体で体感して、それがいい思い出にはならないとしてもそれは経験としてや主体的に行動したという面では自信になったり、これからの自分にとってきっと心強いものになると思う

 

自分にとってはいい経験になったが、改めて思うに日本一周や旅という手段は、万人にお勧めできる事でないのでそこの理解は必要だ。

 

最後になるが、この記事をを見て旅や日本一周の選択肢として参考にしてくれるならばありがたい。