じったの日記帳

旅テニスアニメゲーム下ネタ読書アウトドアとか色々。言語化しないと当時の思考が不鮮明なるのでブログを書いてます

スマブラのオンライン対戦における相手の癖読みと対処

まず癖とはなにか

→戦術に対する特定の択が多くなってそれを相手に読まれてしまうこと

 

癖が多く出る場面は大きく3つに分けるとわかりやすい

・崖上がりの方法

・ラインが無くなったとき

・攻撃の選択の仕方

・防御の仕方

この4つの要素で相手の癖が出やすいので、覚えていたい。

 

崖上がりの方法から

・ジャンプ上がり

・その場上がり

・回避上がり

・攻撃上がり

・崖離し攻撃上がり

だいたいこの5つ。

 

崖の読み合いが書いてあるのなんて多いだろうし、自分の意識していることだけ言語化。

回避上がりの位置で待つのを基本にする。

→回避上がりの位置で相手を待てば、頻繁にラインを交換されることはなかなかない。

それによって崖の有利展開を維持できる。

 

崖の位置にいる時の相手の行動の対処の仕方

・回避上がり→後ろ投げで崖の展開を維持する。

・その場上がり→持続の長い空Nを当てて展開維持。オンラインはその場上がりを選択する人が多い

・攻撃上がり→崖捕まりに対して攻撃をしている場合にされることが多いので、基本的に考慮しない。

・ジャンプ上がり→一番狩りづらいので、素直に着地狩りに徹する。持続の長い技をこすることによっても対処可能。

・崖離し攻撃上がり→回避上がりの位置にいても当てってしまうので、もう少し離れてから着地狩り等で対処。サムス、ネス使いに多いイメージ

 

回避上がりが出てしまいがちなシュチュエーション

・相手がこちらの崖奪いを意識したとき

・自分が崖の外に出ているとき

・相手が焦ってラインを回復させたいとき。

 

崖上がりでは、回避上がりが一番狩りやすく、スマッシュなど隙のある技を当てやすいので、回避上がりだけは完璧に狩れるようにしたい

 

その場上がりのあとの相手の選択

その場上がりを選択するということは一番ラインがない状態だ。

そんなときに相手が取る行動はこの2つが多い

・その場上がり後、即回避→発生の早い技じゃないと対処は難しいかも

・その場上がり後、DAや前に進む下強、必殺技で強制ライン回復→ガーキャンつかみで対処可能

その場上がりからジャンプしてライン回復する人は少ない印象だ

 

回避上がりが出てしまいがちな時と、その場上がりをした後の相手の選択、この2つを崖の読み合いでは特に意識したい

 

ラインが無くなった時

ここは先程のその場上がり後の選択でも少しあったが、

ラインが少ない時の相手の行動は

・DA、前に進む下強、前に進む必殺技(ガノン、ファルコン下Bなど)

対策→距離をとって後隙に対処できるようにする

 

・回避して回り込み、自分とラインを入れ替える(飛び道具主体のキャラに多い)

対策→回避読みスマッシュ等

 

・ジャンプして、自分とのラインを入れ替える

対策→ジャンプ読み上り空中攻撃、もしくは着地狩りに徹する。

 

相手の攻撃の選択の仕方

・後隙に攻撃入れ込みマン

・ヒット確認しないマン

・引き攻撃マン

・下がり空中攻撃が多いマン

 

・後隙に攻撃入れ込みマン

スマッシュ攻撃の後隙や空中攻撃の着地隙を誤魔化すために強攻撃や弱攻撃を入れ込む人のこと。

よくあるのが着地空中攻撃の後に弱攻撃、強攻撃をする人が多いので、対処法としては

・空中攻撃の後の攻撃まで我慢してガードし切ることで、そうすればしっかりと後隙に対処できる。

 

・ヒット確認しないマン

比較的早いガーキャン攻撃を持つヨッシーの空Nや、クラウドの上Bなどを使っているキャラに多い印象。ガーキャン攻撃やつかみをする際にヒット確認をしない。

対策としては空中から攻撃をするフリをしてしない。つまり透かす。

・透かしガードしてその後好きに反撃する。

・空中攻撃をするフリをして距離を取り、相手が後好きを出したところに突っ込む。

・空中攻撃をするフリをして二段ジャンプをし、相手のつかみの後好きに空中攻撃を食らわせる

・多段の空中攻撃で攻める

 

・引き攻撃マン

自分がリーチの短いキャラを使っている場合に対策として引き攻撃をされることが多い。

また、相手が撃墜したいときに引きスマを多用するという人も見かける。引き攻撃に対処できるということは、撃墜拒否にもつながるので引き攻撃の対処は覚えていきたい。

対策

・後ろ回避読みと同じで長めの助走をしてDA、もしくは飛び道具が有効

また、引き攻撃を多用する人だとどうしてもラインが少なくなってしまうので。ラインが有利になりやすい

 

・下がり空中攻撃が多いマン

アイクなど地上相手に空中攻撃を当てたいキャラだったり、地上相手に空中攻撃を当てることがコンボの起点になるキャラだったりだと、常に空中攻撃を振り回されて辛いと感じる人は多いを思う。

対策としては

・相手が下がり空中攻撃をするということは上りのジャンプが無防備になっているので、その上りのジャンプに対してこちらから上り空中攻撃を当ててしまう事。

 

その他にもジャンプが癖になってる人に対して上りで空中攻撃を当てられるようになるとだいぶ楽になる。

 

・相手の防御の仕方

相手がガード、もしくは回避するときはこのような場合が多い

・着地狩りされたくない時に相手が着地した瞬間にガード、もしくは回避

・自分の空中攻撃に対してガーキャン攻撃を喰らいたくないから相手が着地した瞬間にガード、もしくは回避

→ガードを多用する相手ならつかみで対処できるが、回避を多用する相手なら回避よみでスマッシュなどで最大リターンを狙える

 

自分の空中攻撃に対してジャストガードを狙う人

→空中攻撃の多段攻撃で空中から攻め、ジャスガにリスクをつける

 

相手が自分の着地狩りを回避するために空中移動回避を使う場合

→ステップで様子見をすれば移動回避の着地好きは大きいので冷静に対処できる

 

その場空中回避で地上に降りてくる人

→着地する場所にスマッシュをおいておく

 

 

結局癖がない人が一番強いのでは

自分が勝てない人に対してはその人の癖を読めていなかったり、多用する行動に対してリスクをつけれなかったことが多い。

オンラインである程度勝てるようになるにはキャラ対策でもいいが、人の癖をより読めるようにならなければ更に勝率を上げることは難しいかもしれない。

でもとりあえずオンラインはぶっぱが最強