じったの日記帳

旅テニスアニメゲーム下ネタ読書アウトドアとか色々。言語化しないと当時の思考が不鮮明なるのでブログを書いてます

フルマラソンをぶっつけ本番で走る方法

今からちょうど2年前くらいにフルマラソン完走ってどのくらい大変なんだろうかと思って、その1週間後に6月に開催されるフルマラソンの大会に応募することになった。

 

応募したのはいいものの、極度に走る練習がめんどくさかったので、要点を絞ってフルマラソン完走を目指すことになった。そして自分は学校であった持久走はだいたい下から数えたほうが早い順位だったので、体力に自信がない人でもなんとかなる。昔の人は今の人よりもよっぽど歩いていただろうし、そもそも人間は1日に40キロほどは歩けるように作られている。

 

完走するために走る以外でやったことはこれだ

・制限時間6時間以内の大会を選ぶこと

・足や膝、腰に爆弾を抱えてないこと(不安があったら走らない)

・一緒に走る友達を見つけること

 

 

制限時間6時間以内の大会を選ぶこと

単純に30キロ以降、どんとペースが落ちるからだ。マラソンにおいて30キロの壁というのはよく聞く話だが、このフルマラソンで改めて強く感じた。

30キロ地点までは1時間10キロペースで進んでいて、もしかしたら4時間切りできるのでは?と思ったが、そんなことはなかった。30キロ地点からゴールまで2時間もかかってしまった。

にかく30キロ超えてから足が動かない。それで練習で一度30キロ走ってみて、その疲労感を知っておくと混乱はしない。

 

タイムだが、大体の大会は6時間に設定されているが、たまに5時間に設定されている大会もあり、初挑戦で完走をめざすのだったら6時間が丁度いい。

結果自分のタイムは5時間30分だったので、もし5時間だったらタイムオーバーだった。

 

 

足や膝、腰に爆弾を抱えてないこと

怪我したり日常生活に支障が出たら元も子もないので、不安があったり、走っている途中に傷んできたら辞める勇気を持つ。ここ重要

 

 

一緒に走る友達を見つけること

友達と一緒に走るって言っても、昔学校であった持久走の授業の時に友達に「一緒に走ろう」って言われて、真っ先に追い抜かれるという悲しいやつじゃなくて、このマラソン大会は友達も一緒に走っているという心強さを持つために一緒にエントリーしようと誘うことをおすすめする。

特に30キロ以降は競技名は「マラソン」ではなく、「メンタル」になるので、動かない足を奮い立たせるために支えになる要素があると心強い。

 

「なんだよ誘う友達なんかいねぇよ」という人は、周りに走っている自分よりちょっと早いペースの人に食らいついていくことをおすすめしたい。

改めて長距離陸上競技は本当に自分との勝負なんだなと思い知らされた。

 

 

補給食がうますぎる

自分は当日の朝食は食べなかった。

しかし最大限に注意すべきことはハンガーノックで、一回自分は自転車に乗っている時になったことがあったので、糖分摂取には気を使った。なってしまったらマジでリタイヤもの。

補給ポイントで水やスポーツドリンク、バナナ、塩をくれるので半分これを楽しみに走っていた。

体がエネルギーを求めているからか、バナナに塩をかけまくった劇物でも死ぬほどうまい。

自分が参加した大会は、補給ポイントの飲み物や食べ物だったり結構自由っぽかったので、最後の方の補給ポイントの残ったチョコホイップドーナツとかバクバク食べていた。

これも走り切るためのモチベーションの一つのなった。

 

 

まとめ

無事になんとか自分は完走することができたが、完走しても注意すべき点はまだある。

 

・足が痛すぎて1周間は階段を登れない、そして歩けない

走った後は必ず休息日を作りましょう。そして歩いての通勤通学は諦めよう。

 

・免疫が下がる

実は激しいスポーツをしているアスリートは一般人よりも免疫が低い。

このマラソンを走った後も、もちろん例外ではなく、自分は熱を出し体調を崩した後に咳が止まらなくなって医者に咳喘息と診断された。もう今は問題ないですが。

 

このように一般人が普段から練習していないことを急にやると代償を食らうことになるので、普段からのトレーニングと自分の体と調整をしながらやるべきものだなと当たり前のことを思いました。少なくとも自分はマラソンはこれっきりです。