じったbolg

1999生、アニメゲーム読書テニスアウトドア下ネタとか、言語化しないと当時の思考が不鮮明なるので書いたり評論してる

自分の家事時短術

一人暮らしをするようになると当然家事という作業が生まれてくるわけだが、自分は一人暮らしをしてからというものの洗濯物を畳んだこともないし、ほとんど料理も作らないし掃除もしない。

 

じゃあ部屋は汚いゴミ屋敷のようなのかと聞かれてもおそらくそこまで汚くはない。

結論から言うと全部外注するか機械に任せているので自分が家事のために時間を潰すことが人よりも断然少ない。

 

 

・掃除(掃除機ロボット)

1ルームの場合、床に物を散らかしていなければ自分が出かけている間に勝手に床を掃除してくれる。もちろん棚の上などは自分でホコリを拭く必要があるが、圧倒的に、体感ではこれまでの半分以上の掃除の時間が減る。

 

それで手に入れた時間をダラダラ過ごすことができる。そんな道具が2~4万で手に入ってしまうのだ。これは買うしか無い。

しかもこいつはしばらくするとペットみたく見えてきて可愛いと思えるようになる。

 

 

・洗濯(乾燥機付き洗濯機)

乾燥機と洗濯機別々に買ってもいいが、洗濯機から乾燥機に洗濯物を移す手間が減るので、できたら両方くっついているものを買いたい。

 

脱いだものを洗濯機にぶちこんでおいてスイッチを押すだけで乾燥までしてくれるので、洗濯物を干す作業が消え去る。更に自分は洗濯することによってしわになりやすい洋服を持っていなく、基本的にはアイロンレスのワイシャツだったりしか着ないので、これにより洗濯物を畳む作業が消え去る。

もう一つ男性しか使えなさそうな技だが、ユニクロの無地の黒の靴下を8セット同じやつを揃えることによって靴下のペアを探す作業が消え去る。

 

この世で一番無駄な家事は洗濯物を畳む作業だと思っていて、どうせ洋服を開くのに畳む意味なんて微塵もない。タンスに入らないからという意見もあると思うがそもそもそういう人はタンスに入っている洋服は半分以上は半年以上着ていないと思うので減らすべきだとは思う。

 

話は戻すが、それに自分は基本的に洋服の数は20着くらいしか無いので、そのくらいの洋服の量なら、上のように洗濯して乾燥した洋服を畳まずにショーケースにぶちこんで終わりだ。

 

となると自分の洗濯の工程は

脱いだものを洗濯機に入れる→取り出してショーケースにぶちこむ

たったこれで終わる。最近はショーケースに入れるのもめんどくさくなってきたので、マットを引いてそこに洗った洋服を置いてそこから今日着る洋服を選ぶ方式になってきた。

こんな洗濯の作業を人生において一生しなくてもいい権利がわずか10万~で手に入ってしまう。これは買うしか無い。

 

 

・料理

自分は時短のため弁当のサブスクを利用していてそれでほとんど料理をしなくなったが、これに関しては料理のやり方のパターンはいろいろある。

 

過去に自分が使っていたのは献立と食材が勝手に送られてくるサブスクで、それによって買い物にいって献立を考える手間と時間も節約されるし、なによりもそのサブスクは料理の仕方も説明してくれる親切設計なので、料理の上達だったりレシピを体で覚えるのに非常に助かる。自分もこれのおかげで少しだけだが料理ができるようになったと思う。と、料理の作業を楽しみたいならこれ一択だ。

 

もちろんスーパーの半額だったり冷凍食品も手軽で節約にもなっておいしい。

未だに冷凍食品は体に悪いとか愛情がないというばかな人がいるが、下手な手料理よりもうまいからな。チキチキボーン、お前だよ。要は栄養バランスと体内炎症に気をつければ長生きできる。

 

料理を作るのが好きじゃない人は自炊にこだわりすぎずに今みたいにテキトーでいいと思う。自炊は買い物だったり調理だったり洗い物だったり時間がかかりすぎて個人的にはめんどくさい。そんな時にこのサブスクは使うしか無い。

 

 

・家事代行サービス

最終奥義。2時間5000円(交通費込み)くらいでありとあらゆるめんどくさい家事をしてくれる。

 

気が進まないトイレ掃除だったり風呂の排水溝掃除だったり、もちろん普通の掃除や洗濯物、食材さえあれば料理もしてくれて、さらに作り置きもしてくれる。

月イチペースくらいでやってもらうのが丁度いいだろうが、もはや毎日来てやってほしいくらいで、代行してくれている間にダラダラと怠惰な時間を過ごしたい。

 

こんなあまりにも便利すぎるサービスがたったの5000円前後でできる日本はマジでやばい。これは利用するしか無い。

 

 

まとめ

基本的に家事を楽にするには家の物を減らすことが重要で、自分は住むところについてはフットワークを軽くしたいので、引っ越しを期に家のものを少なくするようになったが、結果的には家の家事も楽にすることになったので、家事を楽にする際にはぜひとも物を減らすべきだと思う。

 

この時短術でできた時間を自分の勉強の時間に有効活用できるとかいう意識高い系みたいなことは自分は言わないし、ダラダラと布団の上でポテチ食いながらスマホいじるサイコーな時間のようなものができるので、ぜひ実践してみて自分の時間を作ってほしい。

 

それにしても上にように家事をしない状態に慣れていて、実家に帰った時に家事を手伝わなすぎて注意されたのでこういう日本の「家事をしないといけない」みたいな風習はどうにかならないのだろうか......