じったの日記帳

旅テニスアニメゲーム下ネタ読書アウトドアとか色々。言語化しないと当時の思考が不鮮明なるのでブログを書いてます

個人的ポテトチップスのうまさランキング

深夜に小腹が減って24時間スーパーへポテチを買いに行くも全種類食べていたので新発売のポテチが無いことが度々ある自分です。

今回ポテチ箱買いするぐらいポテチが好きな自分が高校生の頃から必ず1週間に必ず一度は食べてきたポテチの中から個人的トップ5を選んだので、5位から順に解説しようと思います。

ちなみに自分はカルビー派です。

そしてしあわせバタ~味が好きという人は恐らく俺とは一生分かり会えないだろう。

 

早速結論から。

 

1位 カルビーのりしお

2位 美瑛のおいも

3位 カルビー九州しょうゆ

4位 北海道リッチバター

5位 特濃サワークリーム

(自分のツイートから引用)

 

 

5位 特濃サワークリーム

こいつは普通のポテチじゃない。

ポテチじゃなくてもはやにんにくに特濃のサワークリームを付けて食っているような感覚に陥る。

ギザギザなので食感も食べごたえも良いし、味もしっかり染み込んでいる。

そして食べれば食べるほど袋の下に溜まったパウダーがたっぷり付いた崩れてる細切れのポテチが更に食欲をそそり、一度食ってしまったら最後、残りカスまで食べ尽くして指に染み込んだにんにくサワークリームパウダーをしゃぶり尽くすことになる。

さらに食べた後は部屋ににんにくの悪臭の爪痕を容赦なく残していくというおまけ付きだ。

結局体に悪そうな味のする食べ物が一番うまいということに気づかせてくれるポテチなのである。

セブンに売っています。

 

 

4位 北海道リッチバター

 「ポテトチップスのじゃがバター味なんて何処にでも売ってるし別に特別じゃないだろ...」

これは大きな間違いだ。

こいつは「バター味」であって「じゃがバター味」ではない。

とにかくポテチの中でじゃがバター味として売っている商品はごまんとあるが、こいつは「バター」の味を求めた商品なんだ。

しあわせバタ~味のように甘ったるい味ではないが、だからといってじゃがバター味のような食べた後の物足りなさを感じさせない。自分にとって丁度いいバターを求めたポテチがこれなのである。

デメリットは売ってるところが少ない。自分は地元のかすみというスーパーで買っている。

あと山芳製菓のポテチは個性的な味が多いので面白い。

 

 

3位 カルビー九州しょうゆ

カルビー ポテトチップス 九州しょうゆ 58g×12袋

カルビー ポテトチップス 九州しょうゆ 58g×12袋

  • 発売日: 2017/07/02
  • メディア: 食品&飲料
 

 初めて食ったのが小学生くらいということは覚えていて、その時から忘れられないくらい印象的な味だった。

ポテチなのにさっぱり感やあっさり感があって、それなのに飽きさせない和風の醤油味がそそる。だし醤油なので旨味の感じもあって、とてもパクパク食っていて気づいたら袋からポテチが消え去っている。

ここまで紹介したポテチがおつまみだと考えるとこれはもはや料理。

白米の上に細かく刻んでふりかけのようにかけて食べるのが一番うまい。

もちろんそのまま食ってもうまい。

ドンキに売っていることが多いです。

 

 

2位 美瑛のおいも

www.google.com

じゃがいもの生産が豊富な北海道限定ポテチで秋冬に期間限定で発売される。

美瑛という地域は北海道の富良野市にあって、美瑛産の新じゃがいもとオホーツク海の塩だけを使用した素材にこだわる銘柄。

素材を活かす製法なのか、油ぽい感じもあまりなく、塩もうまいが、目立ちすぎなくてじゃがいもが主役な素材を感じるポテチ。

普通のうすしお味よりも断然にうまいし、ポテチ界におけるうすしお味の王様。

こいつを1位にしても良かったが入手難易度が高いので2位とした。

冬の北海道のスーパーやコンビニで買うか、上のサイトから取り寄せしよう。

 

 

1位 カルビーのりしお

カルビー ビッグバッグ のりしお 170g

カルビー ビッグバッグ のりしお 170g

  • 発売日: 2016/02/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 原点にして頂点

といえば聞こえはいいだろうが、まぁありきたりっすよね。

何処にでも売ってて、いつでも食べることができて、それでいて安定してうまい。

この3点があまりにも強い。

食べた時に感じる舌の上の乾いた青のりの感覚、そして口の中に海苔の味が染み込んだ空気が広がるあの感じ、最後にしゃぶる指の味、すべてがうまい。

青のりが前歯につくがそんなのどうでもいい。

いつでも食べることができる実家のような安心感といずれ俺が死んでも残り続けるであろうポテチののり塩という昔からのベストセラーな味。

あー食べたくなってきた

 

 

ポテチの楽しみ方

1、開封したら袋の中の匂いをかぐ

自分たちが当たり前のようにトイレに行ったり歯を磨いたり洋服を着るように俺はポテチを食べるときは当たり前の挨拶のように開封直後の匂いを嗅がせていただく。

 

2、最初の1枚を舌の上に乗せて最初と後味をじっくりと楽しむ

最初の一枚目は噛んで食べてはいけないぐらいの感じで口の中で包み込んで、そして口の中の空気まで味わうように食べる。

 

と言う感じで後は普通に食べている。このルーティーンが最高なんだ。

 

 

食い過ぎ注意

最後に話は変わるが、とにかくポテチはうまいがタバコやお酒についで体に悪い。

塩分、油、高カロリー、発がん性など様々なリスクが多いスナック菓子の1つで中毒症状を生む食品なので適度な頻度で食べていけるようにする必要がある。

 

自分はアルコール依存やタバコがやめられないと同じようにポテチがやめられないのでいつかは適切に距離を取れるようになりたい。

でもやめらんねぇんだよな......ポテチ。