じったの日記帳

旅テニスアニメゲーム下ネタ読書アウトドアとか色々。言語化しないと当時の思考が不鮮明なるのでブログを書いてます

別にネガティブ思考でも良いと思います

よく事あるごとに「ポジティブ思考」とか「ポジティブに生きよう」とかいう人がいたり、その考えを勧める人はいるが、実際には日本人には理にかなっていない。

 

もともとポジティブシンキングは欧米で生まれたもので、それがグローバル化に伴い、多くの情報が入り、日本人の思考習慣の癖に対して良い考えを取り入れようとした結果、その一つとしてポジティブシンキングが取り入れられた。

 

でも残念なことに日本人とポジティブシンキングの相性は最悪だ。原因は日本人の不安遺伝子の割合にある。

 

人間が幸福感を感じる脳内物質の一つが「セロトニン」ということは有名だろう。

興奮や多幸感を司るドーパミンやノルアドレナリンが過剰になりすぎないように調節して安定を図る。

 

このセロトニンの分泌量を左右するのが、「セロトニントランスポーター遺伝子」で、この遺伝子にはセロトニンの分泌量の少ない「S型」と、分泌量の多い「L型」の2種類があり、その組み合わせによって「SS型」「SL型」「LL型」の3つに分かれる

 

SS型は不安を感じやすい

LL型は不安を感じにくい

SL型はその中間という感じだ。

 

で、日本人はどうなのかというと、残念ながら日本人の遺伝子はSS型が65%を占めていて、SL型は32%、LL型はたった3.2%という結果になっている。

しかしアメリカ人は、SS型が19%。SL型が49%、LL型が32%という結果になった。

 

特に日本人は不安を感じやすい遺伝子の割合が世界の中でもトップクラスに多いので、なおさらポジティブシンキングは向いていない。

日本人に限らずアジア人は人種の中でも不安遺伝子の割合が高い傾向にある。

何故そうなったかというのは諸説あるが、自分が聞いた説はもともとアジア周辺は疫病が多く、それにより常に不安の要素があったからというものだ。

 

日本人において「自分は不幸だ」や、不安になりやすかったり、うつ病になりやすかったり、ネガティブ思考になりやすいかどうかなんて生まれた瞬間に決まってしまう。

 

なので日本人は無理に本能に抗ってポジティブに考えようとしてもより良い結果につながるとは限らないし、むしろネガティブ特有の最悪の状況を考えてしまうということもポジティブ思考に劣らないほどのメリットだと自分は思っているので、なんでもかんでも思考をグローバル化するよりも日本人には日本人にあった考え方や戦略を講じる必要があると思う。むしろそう考えること自体がポジティブ思考と言うものなのかもしれないが。

 

 

前に読んだ本でアメリカに留学経験のある筆者が、ポジティブ思考な根付いた地域にはどのようなデメリットが有るかというものがあった。

アメリカでは事あるごとに今日からどれほど良い日だったかを語り、ポジティブを押し付ける人がいて、例えネガティブなことが必要であっても、ネガティブな部分や言葉というものは、なかなか言いづらいという風潮があったらしい。

 

もちろん2次情報なので簡単に信用すべきものではないのだが、いくら社会がポジティブになってもそれによってこのような風潮になるという側面があり、ポジティブが完全に良いことだとは思えない。

 

もしポジティブが浸透した日本になったとしたら、事あるごとにポジティブなことを言い出す人がいたらそれはそれで違和感があるし、ネガティブという不利な情報を正確に受け止められなくなってしまう人が増える要素にもなる。

なので日本人は無理にポジティブ思考をする必要はなくて、それに人間はポジティブじゃないといけないという風潮は完全には蔓延させるべきではないと思う。