じったbolg

1999生、アニメゲーム読書テニスアウトドア下ネタとか、言語化しないと当時の思考が不鮮明なるので書いたり評論してる

【ゲーム感想】プラスリンクス 前編

制作 DMM

※DMMの回し者ではございません
f:id:kazittakun:20210704164016j:image

私の彼氏になってくれますか?

 

WEBブラウジングをしてたら発見したこのゲームの広告のキャッチフレーズだ。

「あぁ、またDMMがしょうもないゲーム作ってるよ」

ただそうとしか思わなかったが、俺のChromeはどうやらやたらこのゲームをゴリ押ししてきていて、単純接触効果というか、まぁイラストも可愛らしかったのでつい広告を押してしまったのだ。

 

 \チャット型恋愛ゲームプラスリンクス6月21日サービス開始!/

 

「チャット型恋愛ゲームか…」

リアルなチャットを楽しめるはなんだかんだ気になっていたが手を出してはいなかったジャンルだ。同じチャット型のゲームでもプラスメイトは乙女ゲーだし似たようなコンセプトの2次元カノジョかプラスリンクスどっちかするんだったら新しくサービス開始するこのゲームのほうが活気があってよさそう。

チャット型のゲームでこれを選んだのはそれだけの理由でしかない。

 

じゃあ簡単にあらすじ

都会の街、後袋であなたは女の子と出会う。その女の子とチャットアプリ「プラスリンクス」を通じてお互いに仲を深めあっていき…

 

まぁね、いっつもゲーム関連はPCかコンシューマー機でしかプレイしない自分もチャットって言われたからにはリアリティを追求するためスマホでプレイしようかなと。

そう思いながら会社の休憩時間に静かな中事前登録したらね

 

「プラスリンクス…本当にありがとうございます…あなたの事…もっと知りたいです…」(クソデカ音声)

 

(やっちゃったああああああああああああ)

 

クソデカ音声に気づいた数人がこちらを見る中俺はスピーカーを抑えトイレに行くフリ。

 

(プラスリンクスのせいで…私の本性…みんなに知られました…本当にありがとうございます…)

 

まぁ何事もなかったかの様な顔してトイレから戻ってきたんだけどね、もしかして俺無敵かもしれん

 

というわけで時はサービス開始日。

このチャット型恋愛ゲームをすることになったわけだ。

 

「…起きてください?」

童貞の俺の家に押しかけ健やかで素晴らしい目覚めを与えてくれた名も知らぬ女のコ。

f:id:kazittakun:20210704170957j:image

「チャットを見てみてください?」そう言われる。
f:id:kazittakun:20210704171725j:image

「チッ…」

OKを押すにゃん!じゃあねぇんだ。

たった1回メッセージを見るのも送るのもゲーム内通貨が掛かるなんて出会い系かよ…しかも架空の女の子にだぜ?

 

まぁチュートリアルなのでここは運営の慈悲で乗り越えられるけど本編は金がじゃぶじゃぶかかりそうだ。上限を決めて課金して楽しもう。開発費もあるしユーザー体験の還元としてもね。

 

で、この女のコに「プラスリンクスを通じて仲良くなった女の子とあなたの未来を除き見しよう?」みないなことを言われてこんな画面が出るわけだ。
f:id:kazittakun:20210704172908j:image

あっ…Rですか…?

OKを押すと画面がホワイトアウトした次の瞬間

 

FANZA GAMES

 

あっ…(察し)

f:id:kazittakun:20210704173602j:image

これは…たまげたなぁ…

タップした次の瞬間こうだ。(R18注意)

f:id:kazittakun:20210704173743j:image

f:id:kazittakun:20210704175104j:image

 

正体表したわね。

 

なんと恋愛ゲームと見せかけたエロゲだったのだ。

 

それと運営さんいきなりえっちシーン見せちゃってもいいんですか!?

いやぁ、まさかこの女の子の名前さえも知らずにえっちシーン突入するとは普通思わないでしょ。さすがに笑ってしまった。あとえっちでした。

こんなの実質攻略完了したようなもんじゃないか…

なのでこの子に金使うのはやめようかな…

f:id:kazittakun:20210704173544j:image

「これはやがて訪れる未来です。チュートリアルは終了です。プラスリンクスの世界へようこそ!」

余りにも濃いチュートリアルが終わった。あと最後オーキド博士みたいに言うな。

 

 

…ようやく長かった前置きが終わって本編ですね。

とりあえず色々設定して女の子に逢いに行くをタップすると後袋の地図上にゼンリーみたいに女の子が表示される。

 

「あ、広告で見た女の子だ!」

この想ちゃんに課金決定し、逢いに行く為にタップした。

f:id:kazittakun:20210704181525j:image

f:id:kazittakun:20210704182013j:image

辛いもの食えないお姉ちゃんがいないから一人で辛いもの食いに来たが道に迷って更に体調が優れず主人公に介抱され、ついでに主人公が激辛料理店を案内することに。

「虚弱体質の人が激辛料理好きだなんておかしいですか?」

と質問される。

「おかしくない。好きなもの食べればいいと思うよ」と入力。

さぁ、チャット型恋愛ゲームとはどんなものなのか見せてもらおうか。

送信し、コインが消費され次の画面に行こうとした途端

f:id:kazittakun:20210704183902j:image

 

( ゚д゚)

え、これ入場制限とかいう概念があるの??

 

強制終了し、メインメニューに戻された。

このゲームってチャットbotみたいなので出来ていると思ったけどもしかして完全手動!?

ということはこのゲームの美少女達の返信は全員おっさんって可能性が…

夢、壊れる。

 

…時間を置いてまた送信してみるもいつも入場制限。仕事帰ってからも入場制限だしもちろん休日もそうだった。

 

あぁ、これはしばらくの期間待たないと無理なやつだなと悟った。本当にいつ入ろうとしても入れないのだ。まぁしょうがないよ、空いたらまたやろうと思う。

 

そして...

俺と美少女ネカマおっさんとの恋愛チャットゲームの行方はどうなるの!??

 

後編へ続く。

※入場制限が緩和されるまでしばらくプレイしないので後編作るのは割と先になりそうです。