じったbolg

1999生、アニメゲーム読書テニスアウトドア下ネタとか、言語化しないと当時の思考が不鮮明なるので書いたり評論してる

ワンダーエッグプライオリティの特別編も含め感想と考察

ワンダーエッグプライオリティの特別編を見終った後の一言

「なんだこれ」

 

謎が謎を呼ぶ終わり方だったよね

ダブルピースしながら「大戸アイ、復活!てへっ。」

いやいやいや、流石にそんな終わり方ありかよ!「範馬刃牙、復活!!」みたいなセリフ吐きながらまどマギみたいな終わらせ方しやがって。

 

というかこのアニメ、ドラマ業界で名作を作り出す野島伸司さんが原案と脚本しているけど野島伸司さんの作るシナリオってこんな難解なものなの??

って思って彼の代表作である101回目のプロポーズと家なき子の脚本をネタバレで調べてみたんだけどこの作品に比べたら絶対難解じゃないと思ったしなんなら本当に同じ脚本家が書いたのか?と思うくらいに違ったシナリオだった。

 

それから野島伸司さんが初めてアニメ作品を手掛けた理由を語るインタビュー記事で「今のテレビ業界はコンプライアンスにうるさくて脚本家としては翼をもがれた気分」や「作品の視聴のリテラシーが高いアニメファンとの交流を楽しみにしています」のようなことを書いてあり、停滞しているテレビ業界に少しうんざりしていたらしく、アニメ作品の話を持ちかけた結果オッケーは早かったそうだ。

これについてはテレビドラマ業界が悪いということではなく、彼の作りたい作品とのコンセプトが合わなくなっただけであり、王道なストーリーを展開するならばやはりテレビドラマというプラットフォームの威力は未だに絶大なものだと思う。

 

話を戻すが野島伸司さんの先程調べた2作品はこれまでのドラマのあるあるを疑問視し、壊したような作品であり、このワンダーエッグプライオリティもアニメにおけるあるあるを疑問視し、壊すようなシナリオを作りたかったのだろうと思う。

特異的な作品が多いアニメ作品の中でさらにアニメの普通を壊すようなシナリオを作るというのはかなり難しいと思っていて、それでおいて人気を出すなら視聴者にわかりやすくしなければならないし、そうなっては普通の作品になってしまう。

逆に人気を捨ててもなお野島伸司さんは自分の作りたい脚本を書き、作りたい作品を作ったのかもしれない。

 

ワンダーエッグプライオリティはジャンルとしてはダークファンタジーであり、ダークファンタジーといえば魔法少女まどかマギカが一世を風靡したが、この作品のシナリオは多くの人にはわかりやすいが、細かい部分を考察すると奥が深いという、気軽にアニメを見る層と深く視聴する視聴者層2つを上手く取り込むことができた作品だなと思う。

しかしワンダーエッグプライオリティはアニメ視聴におけるマイノリティをターゲットにしすぎてシナリオ全般が難解になってしまったイメージを受けた。すごく人気が出るというような作品ではないだろう。

まぁまどマギと比べるのは流石に酷ではあるが、難解な作品を考察するというのは自分は結構好きだ。他の考察をする人と比べるとクオリティは低いかもしれないけどわかる限りで無理せずに書けたらなと思う。

 

 

エッグの世界はなぜ作られたのか

本編では自殺した少女に対する救済措置とされているが、エッグを割る側のアイ達の視点で考えると14歳頃の女子たちを死の誘惑(死の真実や疑問、トラウマなど)をエッグの世界を通じて克服させ、生きる力を与えるとともに、現実でも負傷するというリスクもあるが、アイたちの年齢の頃合いの女子の自殺を防止するためにあると考えている

しかし自殺した少女に対する救済措置というのはアイたちに対する仮の建前で、垢裏垢視点で考えると「全てはひまりを復活させるため」と言った通りに、今の世界にいないひまりをパラレルワールドから引っ張ってくるための装置を完成させるためであると考える。作中ではひまりは生き返らない。パラレルワールドについては後述。

 

なぜミッションをクリアしたあとにフリルの声とドットとハイフンが出現するのか

エッグの世界を通じて死の誘惑から開放され、精神的に強くなったアイたちをエッグの世界から追い出すための恐怖を象徴する存在がフリルたちであり、なぜエッグの世界から追い出そうとするのかと言われたらアイたちを危険に巻き込みたくないというエッグの世界を作ったジャパンプラティの強引な配慮だろう。垢と裏垢にとってフリルは自分たちの幸福から絶望に陥れた恐怖の存在の象徴であるため、フリルらの存在が採用されたのではと考えている

 

パラレルワールドについての解釈

エッグの世界で阿波野寿が「パラレルワールドは存在する」と発言していたが、それは死の研究で臨死体験の実験をしている中、偶然発見したものだと考えている。

まぁ「科学的に死や臨死体験を研究している」と発言していたので、その過程で偶然パラレルワールドを発見したというのは語弊があるが、現代科学をもっても夢というのはまだまだ謎が多い存在であり、一般的に科学的に考えてられている夢は睡眠中の脳の記憶の整理だったり、そして臨死体験や走馬灯は近いものだと思っており、例えば走馬灯だったら体が、脳が助かろうとしてこれまであった記憶を一気に放出して助かる方法を探すという説もあるが、一方でスピリチュアルな考え方をしてみると睡眠や臨死体験は別の世界や宇宙につながっているという解釈だったりもある。

いずれにせよどの解釈も完全に言葉で完全に説明できるということはなく、どれも不確定なものである。答えはない。だが、答えはなく不確定であるからこそ「臨死体験とパラレルワールドはとても近い関係にある」というこの作品の中での解釈もできる。

 

 生き返った少女たちはパラレルワールドから来たのか

正直ここらへんに関してはよくわからなかった。自殺した少女たちがパラレルワールドからこちらの世界にやってきたのか、もしくはその逆でアイ達がパラレルワールドに移動したのかというものだ。どちらの解釈をして考えてみてもズレが生じるしなと。

でも特別編で寿が「この世界の私が死んだからこっちに来たんだ~」と発言していたので細かいところは置いておいて、生き返った人たちはいずれもパラレルワールドきたという解釈で間違いはなさそう。

それと助けてもなにも見返りがないというのも少し悲しいところではあった。

そもそもパラレルワールド云々よりも、あくまでアニメであり、世界観の捻じ曲げや改変はしやすいし、そこら辺の世界観や細かい部分の描写はあまり気にせずに、エッグの世界を通じて少女の心情の変化に注目して視聴したほうがいい作品なのかもしれない

 

「大戸アイ、復活!てへっ。」が意味するもの

アイ、リカ、ももえがミッションをクリアしてしばらくし、ねいるが行方不明で3人でエッグの世界に行こうか迷った挙げ句、結局ももえが反対して行くことはなく、段々と元の日常に戻る中、ミッションを行方不明になっていたねいるからアイに電話がかかるがそれを無視してしまい、「現実に立ち向かえない弱さ」を露出してしまい学校を転校?してしまうことになったアイはエッグの世界で出会った友人関係とも自然消滅してしまい、実質的にはエッグの世界に出会う前のアイに戻ってしまったと言える状態だったと思う。

そんな時にふと、ねいるのことを思い出してねいるは今でもエッグの世界に関わらず何かと必死に戦っているだろうと思ったのだろう。ねいるの秘書が「ねいるは行方不明」と発言したのでおそらくエッグの世界にはいないのかもしれないが、ねいるを助けるためにアイは再びエッグの世界に行き戦う決心をして「戦う強さ」「しっかりと立ち向かって生きる強さ」を再び取り戻したからこその「大戸アイ、復活!てへっ。」で終わったのだろうと考えている。

 

 

最後になるが、なぜ作者がこのような難解なストーリーにしたのかといってもストーリーを通して一貫性のある明確な答えや作品を通して伝えたいメッセージを用意するのではなく、それぞれ視聴者が自分なりの解釈を考えて欲しいからなのではと思っている。

しかし「この文章を書いた作者の気持ちを答えなさい」というよりもやっぱり最後には答えがあって答え合わせができたほうがスッキリしていいんですよね。

ストーリーの解釈を視聴者に委ねる作品はそんな嫌いではないし、この作品のように難解でなくてももう少しこんなコンセプトの作品は増えてもいいんじゃないかなとは思ってます。

でももしアニメがこんな作品ばっかりだったらと考えるとやっぱり嫌だわ。笑